Star Atlas(スター・アトラス)とは

Author: miyadir 1539 views

Star AtlasはSolana(SOL)というブロックチェーンを利用した、宇宙を舞台にしたメタバース・ゲームです。
2021年7月後半〜8月前半にブラウザ版のミニゲームがリリースされ、2022年の春頃に完全版がリリースされる予定となっています。

※この記事を含めて、このサイトの情報はホワイトペーパーやAMM(Ask Me Anything)、discordでの運営からの発言をもとに作成しています。リリース時に仕様が変更されることもあると思いますので予めご了承ください。

概要

一応ジャンル的にはゲームとなっているんですが、できることがかなり幅広いため宇宙を舞台にしたメタバース(仮想世界)という認識で問題ないと思います。
特徴をざっくり箇条書きすると以下のような感じです

・舞台は2620年の宇宙空間
・プレイヤーは人間、異星人、アンドロイドが支配する3派閥勢力のいずれかに所属する
・基本は1人称ゲーム(船に乗るときはEVE online的な感じの3人称が基本になる)
・マイニングできる星を探索して、マイニング可能
・ギルドや個人が $POLIS ガバナンストークンを利用して、その地域を支配することができる
 →土地や建物の所有権とは別。国と個人の関係と考えるとわかりやすいかも
・支配した地域では課税や通行料の徴収、法律の作成などが可能
・ギルドや派閥で星の51%を支配するとワープポイント設置可能
・$POLISによる支配は1人/ギルドによる独裁的なものではなく、(おそらく)$POLISの比率による議決権的なものになる
・プレイヤーがプレイヤーや他人の設備を攻撃できる(PVP可
・破壊した敵船はルート(略奪)可能
・なのでギルドや派閥でまとまって、お互いを守り合う必要がある
・ゾーンが3つに分けられており、敵対勢力プレイヤーを攻撃できるかどうかはゾーンごとに決まる
安全ゾーン中間ゾーン危険ゾーンで攻撃できる対象やアイテム等が変わり、マイニング報酬も1倍、3倍、8倍になる
・基本的に破壊・消費されたアイテムは全てバーン(=そのアイテムはデフレ化して自然に価値が上がる)
・ゲーム内通貨は $ATLAS
・$ATLAS-USDC LPでファーミング可能(UAMM)
・ゲーム内のアイテムは全てNFTでゲーム外でも売買可能

基本的には何でもありな世界

基本的には何でもありな世界、つまり現実世界にかなり近いメタバースに仕上がりそうな予感がします。
「ゲーム内の時間を現実の稼ぎに結びつける!」とホワイトペーパーで豪語するほどPlay to Earn(プレーして稼ぐ)の精神を意識していますので、ゲームをきちんとやれば普通に暮らせそうな感じに仕上がりそうです。
稼ぎ方も多種多様で、惑星に降りての鉱石マイニング、精製はもちろんなんですが、他にも以下のような手段で$ATLASを獲得できます。

・アーティストなどが独自アイテムを作って販売
・コンサートやパーティを主催して入場料を取る
・パーティ会場まで自分の宇宙船で送るというタクシー業者になる
・採掘を最適化するアルゴリズムを販売する
・未開拓の部分を航行して地図データを集めて、データを販売する(データランナーという職業)
・敵対勢力のプレイヤーを襲う(海賊)
・海賊から商隊などを守る(傭兵)
・豊かな土地を支配して課税する
・豊かな土地を支配しているギルド等に出資して、配当をもらう

ぶっちゃけなんでもありので、ある意味非常に現実に近いメタバースと言えます。
CEOがウルティマ・オンラインという何でもありな

もちろん実装は開発状況次第で徐々にとなりますが、リリース前でもワクワク感しか無いですね!
ホワイトペーパーを読んでいると、かなり考えているなと感じる上に、discordなどでもユーザーに寄り添っていますので、これは期待できそうです。

舞台・設定

舞台は2620年、人類が支配するMUD派閥、異星人の連合体であるONI派閥、感覚を持つアンドロイドが支配するUstur派閥という3つの派閥(faction)が争っている状況です。
プレイヤーはこれらの派閥のいずれかを選択し、さらにギルド(DAC / Decentralized Autonomous Corporations)に所属することになります。もちろんソロプレイも可能です。(かなりキツそうですが)

宇宙探索

スターアトラスのメインとなる要素です。スターアトラスでは宇宙船の購入や製造が可能で、これらに乗ってメタバースの宇宙を探索します。
個人やギルド/同盟などによってその星の大部分が所有されている場合は、ダイソン球を建設することによってワームホールを作成することも可能です。

経済活動

かなり幅広い経済活動が実装される予定です。
マイニングや商品の売買、アイテムの錬成などといったゲーム的な要素はもちろんですが、例えば「アーティストがコンサートを開いて入場料をとる」などといった経済活動のしかたも可能です。

また、例えば未開拓の宇宙は霧の中に隠れているような状態ですが、Data Runnerという職業は小さな船に乗り、宇宙の探索をすることによってマップデータを取得し、それを他のユーザーに販売することができます。

マイニング

マイニングはマイニングプラント/採掘ドリル/軌道ステーションを使用することによってマイニングができるようになる予定です。
注意しなければいけないのは、マイニングの装置は破壊されることもあるということです。

戦闘


戦闘はミドル・ゾーン、デンジャー・ゾーンという宇宙の領域で行われます。破壊された宇宙船は復活しませんが、破壊された部品をサルベージ可能です。
なお出撃前に保険をかけることも可能です。

制作・ローンチスケジュール

2021年の8月頭にミニゲームがリリースされ、2022年にPC版のきちんとしたゲームがリリースされる予定です。

目次