ホワイトペーパー

ホワイトペーパー訳

原文(Verion 0.9.1)
https://staratlas.com/files/star-atlas-white-paper.pdf

必要ないなって部分は若干省いています。
読みやすさ重視で若干の意訳もしてありますがご了承ください。※つきは注釈です。

01. イントロダクション(Introduction)

p5
スターアトラスは2620年を舞台にした、メタバース(仮想現実)ゲームです。
この遠い未来では、以下の3つの主要な派閥(faction)が台頭しています。

・人類が支配するMUDテリトリー(The MUD Territory)
・異星人が支配するONIリージョン(The ONI Region)
・自我を持つアンドロイドが支配するUsturセクター(The Ustur Sector)

各派閥は資源の獲得や領土の拡大、政治的な支配を巡って争いを続けています。あなたはスターアトラスの派閥市民(a faction citizen of Star Atlas)としてこれらの銀河戦争に影響を与えることができ、貢献度に応じて報酬を得ることができます。
このホワイトペーパーでは、スターアトラスの新たなプレーヤーのために、このゲームでできることをご紹介します。

スターアトラスのメタバースではブロックチェーンと既存のゲームシステムを組み合わせることによって、今までにないゲーム体験をすることが可能になります。

ブロックチェーンのメカニズム

1 ブロックチェーン上の通貨 $ATLAS / $POLIS
2 完全に非中央集権化したNFTの所有権
3 領土の支配に応じたマイニングの収益
4 リアルタイムのスマートコントラクトによるゲームシナリオ
5 Solana上で稼働
6 Serumを使用して、ゲーム内からDefiに直接アクセス
7 ゲーム内での仮想通貨の売買とAMM
8 P2Pでの個人間NFTマーケットプレース
9 オンチェーン・ガバナンスモデルによる、プレーヤー達による究極レベルでの政治コントロール
10 Play-for-Keys™ ハイリスク・ハイリターンスタイルによる、プレイヤー資産の運用

コア・ゲームメカニズム

1 宇宙開拓の壮大な戦略
2 土地や領土の支配
3 多種多様な宇宙船と乗り物
4 宇宙と陸地でのマイニング
5 プレイヤー vs NPC (PVE)
6 プレイヤー vs プレイヤー(PVP)
7 特殊な技能による、ダイナミックなキャリアシステム
8 Unreal Engine 5で構築(※2022年の本ローンチ時 ミニゲームはブラウザ版です)
9 VR対応

02. このホワイトペーパーの目的(Purpose of this Paper)

p6
このホワイトペーパーでは、宇宙を舞台にしたゲーム:Star Atlasについての概要を紹介します。
スターアトラスがブロックチェーンの技術を用いることによってどう素晴らしいゲームに仕上がるのか、そしてブロックチェーンをどのようにビデオゲームに利用しているかについて解説していきます。これらのテクノロジーはお互いにシナジーを生むことにより、オンライン/オフラインでの一貫した素晴らしいユーザーエクスペリエンスを生み出しています。
このホワイトペーパーは技術的な解説ではなく、スターアトラスの新規ユーザーやVC向けに書かれています。

想定される読者
起業家、経営者、暗号通貨好き、ビデオゲーマー、宇宙が好きな人、エコノミスト

03. Star Atlasとは(What is Star Atlas)

p7

宇宙時代のテクノロジー(Space Age Technology)

近年の技術の飛躍的な進歩により、全く新しい画期的なSFゲームを作ることが可能になりました。Unreal Engine 5 の Nanite を用いることにより、ゲーム上で映画並みのリアルタイムのグラフィックを生成することが可能です。
そしてSolanaプロトコルのブロックチェーン技術を使用することにより、サーバが不要で、安全なゲーム体験を実現することができます。スターアトラス内で獲得・交換したNFTは、現実の資産や所有権のような新しい経済を生み出します。

ブロックチェーン・メカニズム(Blockchain Mechanism)

ブロックチェーンはネットワークによって非中央集権化、不変化されたセキュアなデータベースです。ネットワークが大きければ大きいほど、安全性は高まります。
※ブロックチェーンの一般論のためカット

サーバ不要のMMO(Serverless Massively Multiplayer Online Game)

Solanaチェーンによる驚異的なトランザクション処理能力により、巨大なサーバレスのMMOを実現することが可能です。Solanaは現在でも毎秒50,000トランザクションの処理が可能で、今後ネットワークが成長するのに伴い、さらなる性能向上が期待されています。この性能により、ゲーム内資産のやり取りがリアルタイムで記録され、今までの大規模ゲームに必要だったサーバのバックエンドの強化の必要性を回避することができます。

Unreal Engine 5

UE5の説明なのでカット
UE5はゲームエンジンです。

Hybrid Space Genre

p8
ブロックチェーンの設計は、スターアトラスのコンセプトと非常に似ています。マイニングやステーキングは、掘り当てられた資産が正当であり、目に見えるという点でブロックチェーンのコアと言えます。
スターアトラスでマイニングをして資産を発見するためには、探検してマイニングしなければなりません。プレイヤーはマイニング装置やステーキングノードを設置し、ブロックチェーンに接続することによってネットワークを強化すると同時に、報酬を得ることができます。
スターアトラスのハイブリッド体験は、ブロックチェーン技術の本質を忠実に再現しています。

グランドストラテジー(Grand Stategy)

グランドストラテジーとしてのスターアトラスでは、戦略的なプランを用いてあなたの領土を拡大し、さらに貿易ルートを広げることが推奨されます。このモードでは、プレーヤーは「Star Atlas」と呼ばれるマップビューを使用して、すでにマッピングされた航路や、マッピングされていない未開の航路を探検します。

探検(Exploration)

プレーヤーはキャプテンとして、乗組員の乗った宇宙船で深宇宙を探索し、宇宙空間や惑星上にあるアイテム・資源をスキャンすることができます。
発見した資源はマイニングマシーンや精製所、マーケットプレイスを用いてマイニングや精製、売買が可能になります。

探索した先の宇宙の果てでは、数々のサプライズが待ち受けています。
このモードでは、プレイヤーは基本的には宇宙船を外側から俯瞰しながら操作することになりますが、X線ビューを使えば船内の様子や、クルーがそれぞれの仕事をしているところを確認できます。
また、プレイヤーは一人称視点でのコックピット・ブリッジビューで、手動で宇宙船を操縦することも可能です。
コックピットモードは、座った状態でVRヘッドセットを使用したプレーにも適しています。

ロールプレイング(Role-Playing Game)

スターアトラスにおいて、経済の第一原理はマイニングです。
そしてマイニングによって発生した資産によって、マイニング以外での方法で利益を生むための、多種多様なキャリアを選択できるようになります。
原石や精製した鉱石の取引、物資の輸送、アイテムの製造など、プレイヤーが選択できるキャリアは幅広く、専門性を特化させていくことができます。

宇宙船シミュレーション(Space Flight Simulation)

SFアドベンチャーの楽しみは、自分の宇宙船を手動で操縦したり、キャプテンとして指揮を取って未知の宇宙を探検することです。
探検や敵との戦闘、その他それぞれのキャリアに応じたゲームメカニズムを行う時に、コックピットモードは船への愛着と、一体感を満たしてくれます。
このどっぷりと自分の世界に浸かれる一人称視点のモードでは、フライトスティックやスロットル、多数の機能を持つコントロールパネルや、ヘッドトラッキング機器、そして何よりも、VRヘッドセットを使用することができます。

04. 宇宙の誕生(Birth of a Universe)

p8

スターアトラスのビジョンを全て実現するために、アイテム・資産の販売によって開発のための資金調達を行います。
資金調達は開発のマイルストーンに応じて、いくつかのフェーズにわけられます。

Asset Sale Phases

フェーズ01 OpenSea Galactic Asset Offering(GAO)

p9
OpenSeaはブロックチェーン上のコレクションを売買するためのイーサリアム・マーケットプレイスです。
OpenSeaで販売されたアイテムはフェーズ2まで使用できませんが、マイニング、ステーキング、イールドファーミングはただちに可能です。
イーサリアム上で販売されたアイテムは、WormholeというSolana-Ethereumブリッジを使ってSolana上で使用可能になります。

フェーズ02 ブラウザ版ミニゲーム(Browser Mini Game)

・最低限の機能を搭載したブラウザ版のミニゲームが、ゲームに先立ってリリースされます。
プレイヤーやコレクターの方は、ゲーム内でゲームをプレーしたり、ゲーム内の資産の購入が可能になります。

・ゲーム内で集めた資産は、ミニゲーム内ですぐに利用可能です。
それまでに購入した資産は、この段階でSolanaネットワークで使用可能になっており、ゲーム内で設定可能になります。

・ミニゲーム内の売却による継続的な収益

フェーズ03 造船所モジュールセール(Shipyard Module Sale)

p10
※造船所ですが、かっこ悪いので「シップヤード」と訳します。
・フェーズ02が無事成功したら、Unreal Engine 5のゲームのフル開発が開始します。
このバージョンでの一番最初のマイルストーンは機能的な「シップヤード・モジュール」です。このモードでは、プレイヤーやコレクターはゲームで実際に使用される最終段階のゲーム資産を見ることができます。ですが、この段階ではこれらは派閥の中央宇宙ステーションのシップヤード内でのみ確認できます。
確認できるゲーム内資産には、船のクルー、部品、そして船本体が含まれています。

・ゲーム内資産のパブリックセールが行われます
・ミニゲーム内の売却による継続的な収益

フェーズ04 ベータ前 最終プレセール(Final Pre-Sale at Beta)

・ベータバージョンが公開されるとき、残っている全てのリリース前アイテムはセールに出されます
・このフェーズで購入された全てのアイテムは、ベータ版のスターアトラスで利用できます。

フェーズ05 継続的なセール(Ongoing Sales) / Salvage Wars

p11
・新規実装したアイテムの継続的なセールは、新しいコンセプトと、公開後の生産準備が整ったアイテムに限定されます。
・フルバージョンが公開された時点で、全ての量産型アイテムは購入できなくなります。これらには、フェーズ3で販売されたアイテムは含まれません。
・スターアトラスの運営会社は、ゲーム内の取引から手数料を徴収するようになります

サルベージ・ウォーズ(Salvage Wars)
サルベージ戦争は、プレーヤーが参加可能な知能戦です。
プレーヤーはサルベージされたアイテムが含まれたコンテナに入札することができます。
コンテナの中身は購入するまでわかりませんが、コンテナの重さや、中身のクオリティの可能性は購入前に知ることができます。

アイテム・資産のユースケース(Asset Use Cases)

p12
ゲーム公開前に販売されたアイテムには、以下のような使い道があります。

・ゲーム内でのプロフェッショナルキャリア(In-game Professional Careers)
マイニング、救助活動、海賊行為、輸送、賞金稼ぎ、帝国主義、製造、小売、宇宙船の保管料、精製料金、修理、燃料、防衛、攻撃、ジャンプポイント(ワープ)通行料

・証券として(Asset brokerage)
ゲームに使用するのではなく、後で売却するために初期に購入する

・ノードステーキング(Node Staking)
安全地帯での無人ステーキング

・派生ゲーム(Alternate Gaming Clients)
ブロックチェーンはオープンソースですので、他のゲームクライアントがスターアトラスのメカニズムを利用できます。
スターアトラス上の資産は、我々が積極的に審査しない方法でも利用可能です。

05 ゲームの要(Gamingplay Pillars)

p13

派閥の安全地帯(Faction Security Zones)

新規プレーヤーは派閥(faction)を選択し、派閥内の安全地帯からゲームをスタートします。
このエリアでは、プレーヤーはすべての基本的な機能を体験することができますが、救助や戦闘、サルベージなど、破壊的なプレーは許可されません。

プレーヤーが外の世界に飛び出せるくらい自信を持てるようになったら、傭兵団に守られたミディアム・リスクゾーンに移ります。
ここでは戦闘が可能ですが、もし破壊された場合はアイテムはリセットされます。(your assets will be reset if destroyed)

スターアトラスの最後のゾーンは、戦闘とアイテムの破壊が恒常的に行われているワイルド・フロンティアです。戦闘中のアイテムの一部だけが、永久に破壊されます。(only a portion of assets in combat are destroyed permanently
例えば、戦闘で宇宙船が破壊された場合、その船は部品、スクラップ、脱出ポッドに乗ったクルーなどに分解され、その中の一定数は永久に失われます。

深宇宙の探検(Deep Space Exploration)

p14
目に見える星星は全て実在し、訪問可能です。ですが、いくつかの星は非常に遠いため、適切な量の燃料が必要になります。
星々の背景エフェクトはありませんので、視覚的に探検できます。つまり、全てのプレーヤーはスターアトラス内の全ての場所に行くことが可能です。
プレーヤーは手動で船を操縦し、アップグレード可能なスキャン装置を使用して、宇宙に隠されたお宝を探します。上位のスキャン装置は、より深く、より広域に、より多くの資源を探すことができます。
スキャンしたデータはあなたがすべきことを決定するために使われたり、マーケットプレイスに出品して売却することができます。

戦闘(Combat)

p15
船には、武器を搭載したタレットと、ミサイルベイが装備されています。
タレットにはエネルギー型、弾道型、破壊型があり、敵の船や装備に合わせてターゲットを変えることが可能です。
タレットには電力供給が必要で、シールドと外殻(hull/ハル)で守られています。
もし敵に遭遇した場合、適切にスキャンされていれば、敵のサブシステムをターゲットにして戦闘を有利にすすめることができます。

宇宙船は敵船以外にも陸地や宇宙空間にある施設を攻撃することが可能で、競合の生産報酬などを消し去ることができます。しかし、それらの施設には彼ら自身の防衛システムが備えられていることもあります。
全てのプレーヤーは「アグレッシブ」と「パッシブ」の2つのスタンスのシグナルを送ることができます、パッシブなスタンスの状態で、正式な宣戦布告がなされず攻撃された場合は、戦闘から離脱できるようにシールドと操縦性のバフが付与されます。

ステーションのモジュール(Station Modular Construction)

p16
マイニング施設には、電力を供給する設備と、マイニング結果を敵から守るための施設が隣接されています。

宇宙ステーションも同様ですが、宇宙ステーションは「デッキ」という形で強化されています。各デッキは宇宙ステーション自体の機能を強化し、そして地表でのマイニング設備に関する機能制限を解除することができます。
デッキには以下のものがあります。

コマース(貯蔵および貿易)
シップヤード(船の製造、修理、燃料補給、調整、ドッキング)
精製所(原鉱を高レベルの資源に精製)
格納庫(長期的な船の保管)
ショップ(部品や資材の製造・販売)
ユニバーシティ(新しいクルーの勧誘とトレーニング)
カーゴ(資材と部品の保管)
防衛設備(宇宙スペーションと居住者保護のためのタレットを製造)

コマースデッキを備えた宇宙ステーションは、レベルの低い鉱石やアイテムを販売するために、ユニバーサルマーケットプレイスに接続する必要があります。
カーゴデッキと精製所デッキでは、銀河系間の輸送をするために必要な、より高いレベルの鉱石、資材、部品を手に入れることができます。

もし星をダイソン球を作れるほど支配しているのであれば、支配者はジャンプポイントを建造することが可能です。
ジャンプポイントでは瞬時の移動が可能になり、銀河系間の交易に関わる時間を大幅に縮小できるため、経済活動のための交易路の大幅な拡大に役立ちます。

コンポーネントとクルーの適正と組み合わせ(Crew & Ship Component Outfitting)

p17
全ての船には、船の機能やステータスを強化するためのコンポーネントやクルーが含まれています。
それぞれの船には固有の適正があり、それぞれの適正に合わせたコンポーネントを装備することによって、その船の適正を強化することができます。

また、クルーにもそれぞれ適正があり、ユニバーシティデッキで各々の適正を強化することができます。
ユニバーシティで同期だったり、以前に同じ船で訓練を受けていたクルーたちは、同じ船に乗ると追加のバフを得ることが可能です。
クルーは継続的に航海任務をともにすることにより、時間の経過とともにバフが追加されていきます。
もしクルーのマッチングが適正で無かった場合、船にデバフがかかります。

専門性(Professions)

p18
プレーヤーは自信が望むロール(役柄)に応じて適切な船、クルー、コンポーネントを選ぶことによって、ゲーム内で稼ぐことができます。
ロールの例は以下の通りです。

輸送屋
レスキュー
物流屋
修理屋
建築屋
燃料補給屋
マイナー(採掘)
サルベージ屋
起業家
CEO
ブローカー
賞金稼ぎ
海賊
密輸業者
データランナー
コマンダー(司令官)
将軍
傭兵
サイエンティスト
など

また、乗船中のクルーには各々に以下のようなステーション・ロールがあります
パイロット
エンジニア
修理屋
スキャナー
サイエンティスト
射撃手
傭兵
レスキュー
パワーマネージャー
管理人
カーゴ主任
格納庫主任
サルベージ・オペレーター
サイエンス・オフィサー
ミリタリー・コマンダー
一等兵(プライベート)
軍曹(サージェント)
ルーキー
密輸カーゴ主任
キャプテン

DAC – 分散型自立企業・ギルド(Decentralized Autonomous Corporations)

p19
DACはスターアトラスのギルドシステムです。

スターアトラスの世界は広大です。この危険な世界で、一人きりの旅路は孤独で困難なものとなります。
プレイヤーは派閥(fuction)を作り、リソースを結びつけ、集団で他のプレーヤー達に勝利することが推奨されます。

DAC(Decentralized Autonomous Corporations)を導入することにより、宇宙都市を建造することが可能となり、ミクロ経済を管理することが可能となります。
入念かつ戦略的な連携によって、プレーヤーはその地域と資源を支配することができます。
これらの完全に独立した都市では$POLISトークンが非常に重要な役割を果たします。
$POLISトークンは、政治的な影響力を持つオーナーがDACの外部からの訪問者に対し、税金、手数料、罰金、ルール、法律を課すことを可能にします。

経済(Economics)

p20
既存の多くのゲームと異なり、スターアトラスではゲーム内での収益を実世界での収入に結びつける、ユニークな機会を提供します。
多くのゲーム会社は、アイテムの所有権や流通を独占し再販を制限していますが、スターアトラスでは資産の所有権やNFTマーケットプレイスをブロックチェーン上で稼働させることにより、非中央集権化した、完全に独立した所有権を実現しています。
スターアトラスのポリシーとして、メタバース上で過ごす時間を収益化することを推奨しており、この収益化がメタバースを超えて、現実世界での利益となることを強調しています。
ゲーム内で所有されているアイテムは常にその所有者の資産であり、ゲーム内で獲得した暗号資産はすぐに法定通貨に交換できる。これが私達の信じている、未来のゲームモデルです。

06 スターアトラスの経済(Star Atlas Economics)

p21
アトラスの価値を高める牽引力となる鍵は、ゲームとブロックチェーンの両方のメカニズムによってサポートされた、安定し、よくバランスの取れた経済を介して提供される、金銭的な報酬システムです。
スターアトラスの補足的な目的は、このメタバースを経済およびガバナンス研究の実験的なサンドボックスとして活用することにより、現実の世界にイノベーションと進歩をもたらすことです。

スターアトラスでは$ATLAS / $POLISという2つの通貨システムを採用しており、Solanaネットワーク上の複数の通貨をサポートしています。

ATLAS: ゲーム内通貨(ATLAS: In-game currency)

$ATLASはゲーム内の潤滑油として使われる、ネイティブなゲーム内通貨です。

プレイヤーはまずはじめに$ATLASを利用して、船やクルー、コンポーネント、土地、装備などを取得します。
実経済と同じように、円滑な経済には金融システムが必要です。なので、NPCからアイテムを購入する場合でも、P2Pで個人間の取引をする場合でも、$ATLASはゲーム内で取引をするための目安の単位となります。

ビジネスの運営は困難で、リソースのマネジメントには戦略的意思決定が必要となります。ゲーム内での金銭的報酬目的のプレイヤーは、収支のバランスをじっくりと考える必要があります。
たとえばマイニング設備の人件費、船の燃料、修繕費などは全て$ATLASで支払う必要があります。
また、$ATLASはNTFマーケットプレイスでの重要な通貨となります。

ATLASの発行(ATLAS Issuance)

$ATLASの一部は、ゲームのフルリリースに先立って Galactic Asset Offering (GAO)の段階的なフェーズを通じて入手可能です。
GAOが終わると、$ATLASは「ゲーム内で活動する」か、「他のプレイヤーから購入する」という2つの選択肢でのみ入手可能になります。
他のブロックチェーンプロジェクト異なり、スターアトラスの運営会社はGAO終了後に未配布トークン(マイニングやゲーム内イベントで獲得できるトークン)には一切手を付けません。
★★画像追記★★

POLIST:ガバナンストークン(POLIS: Governance token)

p23
$POLISは多機能なガバナンストークンであり、ゲーム内での使用はもとより、現実世界でのゲームの運営方針の投票にも使われます。

ゲーム内(In-Game)

スターアトラスの世界では、政治的な影響力も領土の管理と航路の安全確保のための戦略的な重要事項となります。$POLISトークンを代表とする政治的な影響力をコントロールすることは、プレイヤーの立場に様々なアドバンテージをもたらします。

$POLISの保有者は誰がその土地や設備を所有しているかに関わらず、その地域全体を管轄する独自の立場になります。これらのプレイヤーは自分の管轄下の領域で他のプレイヤーへの課税、通行料の徴収、そして法律の作成や、活動の一部を制限したりすることができます。
ですが、$POLISはあくまで投票権であり、独裁的な所有権ではありません。そのため、より強力なグループに取って代わられないように、複数のプレイヤーが協力することを求められます。
DAC/ギルド(Decentralized Autonomous Corporations)はこの$POLISによる統治システムを利用すると良いでしょう。

現実世界(Real World)

p24
現実世界では、$POLISを保持することにより、ユーザーコミュニティがスターアトラスの開発に影響力を行使できるようになります。これは意思決定の一元化期間のあとに行われるもので、ゲーム開発とバランス調整のために2〜3年後になることが予想されています。

一元化期間が終わると、$POLISの保有者はインフレ率と言ったゲーム内経済のバランスや、アイテムのリリーススケジュール、ゲームの方向性など、ゲームの開発に一定の影響力を行使することができるようになります。

$POLISの流通(POLIS Distribution)

$POLISの流通は、2つのフェーズに渡って実施されます。
第1フェーズでは、GAO(Galactic Asset Offering)にて20%の$POLISが販売されます。

GAOが終了した後は、$ATLASをステーキングすることが$POLISを獲得する唯一の方法になります。
$ATLASはまずブラウザでステーキング可能になる予定で、その後、ブラウザ版のミニゲームがリリースされるとゲーム内で使用可能になります。
プレイヤーは$POLISを獲得するためにはある種のトレードオフが発生することに注意する必要があります。$POLISを獲得するためにステーキングされている$ATLASは、ゲーム内では使用できません。プレイヤーは$ATLASを$POLISを獲得するためにステーキングするか、ゲームをすすめるためにゲーム内通貨として使用するかを選ばなければなりません。

資産(アイテム)の破壊とデフレのメカニズム(Asset Destruction and Deflationary Mechanics)

p25
スターアトラスの革新的なポイントは、敵と交戦するエンゲージメントゾーンが階層化されていることです。このメカニズムにより、プレイヤーはより高いリスクを取ることで、より良い報酬を得られるようになります。

宇宙の最深部地域を探索する勇気のあるプレイヤーは、NPCのいるセーフティゾーンに存在した安全性を失うことになります。このシステムは「pink sheet」と呼ばれているもので、開発チームによって「Play for Keys™」と名付けられました。シームレスなスマートコントラクトによる資産(アイテム)の割当により、プレイヤーは船とクルーを危険な戦線に晒すことになります。

もしあなたの船が破壊された場合、そのNFTは永久的にバーン(破壊)されます。その戦闘における勝者はそれらをサルベージNFTとして回収することができますが、回収できるのは破壊されたもののほんの一部がランダムで獲得できるだけです。

さらに、特定の資材は永続的なものではなく、消費された時点で破壊されます。例えば、建築用資材(建築物が解体された場合は、一部が減った状態で返される)、燃料、一時的なブーストなどです。最後に、詳しくは後述しますが、スターアトラスの運営チームは従来の収益と、ゲーム内の収益に基づく、トークンを買い戻しとバーンのプログラムに取り組みます。

このメカニズムの結果、現存する資産は時間の経過とともに自然とデフレ化していきます。特に、より多くのプレイヤーが危険なゾーンに行けば行くようになるほど、この流れは加速していきます。

NFTリリーススケジュール(NFT Release Schedule)

p26
新しいNFTアイテムは運営チームによって定期的にリリースされますが、リリースはそのリリースによるインフレ影響を慎重に検討してから行われます。新規アイテムのリリースに先立って、新規プレイヤーによる現在の需要や、マーケットプレイスでの売買状況、ハイリスクゾーンでの戦闘によるデフレ状況などの入念な分析が行われます。
これらの新規アイテム販売によって既存のプレイヤーや資産の保有者が不利益を被らないように、あらゆる努力を行います。以前のバージョンでパワーボーナスや固有の特典などがあったアイテムには、特に注意が払われます。

NFTマーケットプレイス(NFT Marketplace)

「スターアトラス ユニバーサルマーケットプレイス」は、ゲームをプレーしている全てのプレーヤーを結びつけるもので、アイテムの売買や、ゲーム内タスクの求人情報などが掲載されます。
このマーケットプレイスで取引されるアイテムの大部分は、ゲーム内のタスクをこなすことによって獲得できます。なお、プレセールやコンセプトセールで販売されたアイテムなども取引可能です。他のプレイヤーは入札したり、即決価格での即時購入をすることができます。

全ての一般的な経済活動で恒久的なバーンが発生するため、全ての資産はデフレ資産とみなされます。この資産がバーンされるデフレのメカニズムにより、このゲームでは従来のゲームと異なり、全ての資産は固有で、供給量は有限だということが保証されています。

Defi金融システム(Defi Financial System)

p27
Serum DEXを直接統合することにより、プレイヤーは分散化金融に参加できるようになります。
プレイヤーはゲーム内の金融センターで、DeFiを利用可能です。
DAOシティはこれらの金融センターが建造される可能性が高い場所であり、それらの建造者が施設利用料として、利用者に独自の手数料を課すことが可能になります。
活用例は以下の通りです。

レンディング(Lending)

Solana/Serum資産を貸し付けて、利回りを稼ぐ

AMM

様々な資産ペアでのAMMで、取引手数料による収益

イールドファーミング(Yield Farming)

低金利で借りれる資産を特定し、高金利で貸し付けて差額で稼ぐ

スターアトラスUAMM(Star Atlas UAMM)

p28

※NET/GROSS と Sales/Revenueがごちゃごちゃになっていたり、USDCとUSDTが混ざったりしてて僕も理解できなかったので現在運営に問い合わせ中です。
間違いないのは、Pancake swapやRaydiumにおけるファームのようなもので、ATLAS-USDC LPを入れておくことによって$ATLASを獲得できるということです。
とりあえず、ハッキング等のヤバい自体が起こったらセーフティネットとして「プール内のUSDCを、プール内のATLASで割った数値」で$ATLASを運営が買い取るというという認識で大丈夫だと思います。

トークンのバーン(Star Atlas Token Burn)

p29
スターアトラスの運営チームは、前述のUAMMに加えて、トークンの買取とバーンを行います。これらの買取は全てのプレイヤーがアクセスできる、オープンマーケットのDEXで行われます。運営はUAMMでの貢献と同じように、会社の益金(gross company revenues)を使って$ATLASを買い戻すことによって、循環供給をデフレ化させていきます。

買い戻しカーブ(Repurchase Curve)は「スタンダード収益(STANDARD REVENUES)」「ゲーム内収益(IN-GAME REVENUES)」の2つの異なるグラフで計算されます。

スタンダード収益は、アイテムを一番最初に販売したときの収益です。
ゲーム内収益は、ゲームをプレーしているプレイヤーが、運営に対して支払う費用で構成される収益です。(※おそらくプレイヤー同士のアイテム交換などの手数料)
★★画像追記★★

プレイヤーが作成したコンテンツ(Player Created Content)

p30
スターアトラスの長期的なビジョンの中に、プレイヤーが作成したコンテンツをゲームに追加できるようにするという目標があります。
このコンテンツは、様々な形で配信することができるようになります。例えば、外部のツールで作成したアイテムやスキンを、マーケットプレイスで販売できるようにすることも可能になります。
さらにユニークなアイデアとしては、購入したプレイヤーがマイニングの採掘量や取引量の最適化や、機器の自動化ができるような効率化アルゴリズムを販売できます。
やがては、他のチームによって生成された付属的な別宇宙へアクセスできる機器や、他のブロックチェーンプロトコルへの接続が可能になる機器も登場することでしょう。

スターアトラスのトークノミクスと、バリューマトリックス(Star Atlas Tokenomics and Value Matrix)

p31
図なので後で追加予定

07 マーケットリサーチ(Market Reserch)


p32-35

08 ツール(Tools)


p36-37

09 リリース後の展開(Post-Live Growth)

p38

長期的なビジョン(Long Term Vision)

宇宙ゾーンの追加と、他のブロックチェーンへの対応(Additional Universe Zones with Additional Blockchains)

スターアトラスではSolanaとSerumをうまく利用して、シームレスでワクワクするゲーム体験を提供しますが、私達の将来的なビジョンとして、メタバースを地理的にも、プロトコル的にも拡張することを考えています。
最終的な将来的なバージョンでは、プレイヤーは全てが統一されたゲーム体験の中で、新たに出現した宇宙領域を冒険したり、他のチェーンの資産を管理したりすることができるようになります。

プレイヤーが作成したコンテンツ(Player Created Content)

Unreal Engine を Modkit や Steam Workshop インテグレーションなどと使用することにより、プレイヤーはスターアトラスのコンテンツフォーマットに対応した独自コンテンツを生み出すことができるようになります。
これらのコンテンツを作者が所有するNFTの値に割り当てると、そのコンテンツはブロックチェーン上で物理敵に描写されたコンテンツに変換されます。

実際の宇宙探索(Actuial Universe Discovery)

スターアトラス内のマイニングパワーの将来的なユースケースとして、ゲーマーのコンピュータ処理能力を、UFOの探索に取り組んでいるSkyHub.orgのようなプロジェクトに提供することが考えられます。
このケースでは、実際の宇宙探索のプロジェクトにゲームの処理能力を提供することにより、ゲーム内での探索を現実の宇宙探索に代えていくことができます。

目次